Deep Nostalgiaとは ~ ディープラーニングで古い写真に命を吹き込む~

遠い昔に亡くなった親戚の、古い家族写真を見たことがありますか?世界中の多くの人々が、数十年前にビデオが利用可能になっていたらどうなっていただろうかと考えています。その思考は現実のものとなりました。MyHeritageは、Deep Nostalgiaと呼ばれる新しい技術を開発しました。画期的な写真機能は、古い家族写真にあたかも命を吹き込みます。このツールを使うことで、古い写真の中の人々がどのように動いていたか、ビデオで撮影された場合にどのように見えたかを、リアルに描写してくれるのです。

Deep Nostalgiaが古い家族写真を蘇らせる

Deep Nostalgiaは、深層学習のアルゴリズムを使用して、短いビデオクリップに極めて似た結果を生成します。写真に写っている人の顔をアニメーション化し、動きを与え、まばたきをさせ、微笑んだりするように加工できるのです。このサービスでは白黒画像とカラーで撮影された写真の両方に対応しています。また、カラー化された写真や、MyHeritage In Colorツールを使って保存された写真にも対応しています。

Deep Nostalgiaは家族や友人とも楽しめます。写真に写る人物が笑顔でまばたきをしたり、頭を回転させたりしている姿を、リンクを通じて他人と共有可能です。MyHeritageは、ディープラーニングによるビデオの再現を専門とする会社であるD-IDからライセンスを取得しました。Deep Nostalgiaに投稿された写真は、ビデオアニメーションに加工される前に、MyHeritageの他のツールを使って自動的に拡張されます。

同社によれば、ビデオ変換のために可能な限り高解像度の画像を得るためには、このような画像処理が必要だとします。写真にはいくつかのジェスチャーシーケンスを適用することができ、それぞれのジェスチャーシーケンスは事前に用意されたドライバービデオから発せられます。これらのドライバーの動画は、アニメーションの動きをガイドするもので、ユーザーは写真の中の人物の笑顔や瞬き、頭を回転させる様子を見られるように設計されています。

Deep Nostalgiaは無料で始められる

これら一連のプロセスを体験してみましょう。ユーザーは無料のアカウントを作成し、コンピューターからファイルをアップロードするだけです。1枚の写真の中の1つの顔をアニメーション化するには、10秒から20秒かかります。所要時間は当然ながら適用されるドライバーのビデオの長さに左右されます。さらに、1つの画像内の複数の顔をアニメーション化できます。


費用面はどうでしょう。MyHeritageのサブスクリプションにより、無制限の写真アニメーションを楽しめます。デフォルトで入る「透かし」さえ我慢できれば、どなたでも無料で複数の写真をアニメーション化できます。もし有償のサブスクリプションを試したい場合には年間199ドル(2021年3月1日現在 21,237円)です。このプランにはancestry.comと同様に家系図を作成したり、古い親戚を見つけたりする機能が含まれています。

コメント