Microsoft Wordが3月にテキスト予測機能を導入

2020年にMicrosoftは、ユーザーが入力したテキストに基づいて候補を提示する機械学習機能を備えたテキスト予測機能をWordに導入すると発表しました。その最初の発表の直後に、この機能はベータチャンネルユーザーの約半数に公開されました。Microsoftは、Microsoft 365のロードマップに従って、この機能を誰もが利用できるようにする準備を整えました

時間と共にシステムが文章スタイルを学習

ロードマップによると、テキスト予測は2021年3月から、すべてのMicrosoft Wordユーザーに提供されます。Microsoftはロードマップの中で、この機能はユーザーが次のテキストを迅速、タイムリー、かつ正確に予測することでより効率的に書くのに役立つと述べています。Wordユーザーは、Tabキーを押してグレーに表示される予測を受け入れるか、Escキーを押して拒否できるため、この機能がいつ利用可能になるかを知ることができます。

Microsoftは、機械学習を利用したシステムがユーザーの文章スタイルを学習するので、提供されるテキスト予測は時間と共に改善されると述べています。テキスト予測が煩わしいと感じる人は、完全にオフにすることもできます。テキスト予測に関するもう一つの重要な点は、データがテナントの境界を離れることはないと、Microsoftが言っていることです。

学習された文章の機密保持も約束

つまり、あなたが書いているテキストは、ビジネスの世界では非常に機密性の高いものになる可能性がありますが、ユーザーのコンピュータから離れることはありません。Microsoftはまた、テキストがフィードバックメカニズムを介して進んで提供されない限り、他の人間がそのテキストを見ることはないと約束しています。Microsoftはこの機能に関するフィードバックも求めています。

フィードバックやクレームは、Word内のヘルプを通じて送信できます。Microsoft Wordは、テキスト予測を備えたOfficeスイートの最初のコンポーネントではありません。今月初め、Outlookユーザーにもこのサポート機能が展開されました。

コメント