Nestle初!ビーガンキットカット発売が発表

Nestle社は定番のチョコレートバーの新商品で、植物性食品のヴィーガンKitKatを展開します。同社によると、菜食主義者向けのオプションの要望が多く寄せられており、この新しいお菓子、「KitKat V」を発売することになったとのことです。

限定販売の後、多数の国で展開予定

Nestle社は今年中に、KitKat V製品を不特定多数の国で発売する計画です。通常版と同じウェハースとチョコレートの商品ですが、動物性食品の使用は含まないとしています。ただし、選ばれた小売店とKitKatショコラトリーでしか購入できないという意味で、発売は限定されます。

同社によると、この限定的な販売は、より広範な製品展開が行われるかどうかを判断するテストになるといいます。100%持続可能なカカオを使用しており、同社が導入している植物性食品の増加にKitKat Vが加わったことになります。

最新の製品を提供する一方で、児童労働でも話題に

消費者がより健康的で持続可能なライフスタイルへの関心を高めていることから、多くの企業が植物由来製品の流行に乗っています。同社も多くのブランドを所有しており、乳製品を含まないアイスクリームや、乳製品ではなくオート麦とライスミルクで作られた飲み物、練乳に代わる菜食主義者向けの製品など、植物由来の製品を提供しています。

また、Nestle社は最近、カカオの生産や収穫に関連した児童労働を強制したとされる企業数社を相手取った訴訟などで話題になっています。

訴訟では、Nestleや他の企業が 「カカオを収穫する危険な作業を行っている子どもたちの強制労働で故意に利益を得てきており、児童労働者への虐待が増加している」 と主張しています。

コメント