伝統的に行われていた演説習慣、バイデン政権ではポッドキャスト形式を計画

バイデン政権は毎週の大統領からの演説を復活させようとしていますが、現代の若い聴衆にアピールできるような工夫が施されています。ホワイトハウスによると、それはポッドキャストのような形式で、一般の人々がよく聞くオーディオ番組のようなカジュアルなチャットを真似ているといいます。

YouTubeチャンネルで発表

ホワイトハウスはバイデン大統領が計画していた毎週のチャットの最初のものを発表し、YouTubeチャンネルのビデオで共有されました。ホワイトハウス報道官のJen Psaki氏は、これらのチャットには様々な形式のものが含まれ、その中には伝統的な大統領の演説や、事前に選ばれた一般のアメリカ人とのよりカジュアルなものもあると述べました。

初めてのチャットである上の動画では、バイデン大統領はカリフォルニアのMichele Voelkert氏と、昨年解雇された後の彼女の奮闘と、新しい仕事を見つけるための努力について話しました。議論の中には、パンデミックの間、従来の学校教育に取って代わったオンライン授業についての話も含まれていました。

民衆との関わり方は大統領によってさまざま

こうした新しいデジタル・オンライン週次チャットの背景にある考え方は、平均的なユーザーが、使い慣れたプラットフォームを使用してコンテンツに関与できるようになるというものです。バイデン大統領のチームは、パンデミックのために、従来の方法よりもデジタル形式や代替形式を採用しており、政権がより現代的な選択肢を続けることは理にかなっています。

毎週の大統領の演説は、伝統的なものですが一貫性のないもので、大統領の中にはこのように定期的に民衆と関わる人もいれば、それを放棄する人もいます。最近ではオバマ大統領が毎週の演説を定期的に行っていましたが、トランプ大統領の任期中は、ごく短期間行われていました。

コメント