マクドナルドがヴィーガンバーガーを北欧でテスト中!全世界発売となるか?

McDonald’sは、伝統的なビーフパティの代わりに植物ベースのハンバーガーを導入した最新のファストフード会社の一つです。「McPlant」と呼ばれるこの新しいハンバーガーは2020年11月に初めて発表されました。植物由来のパティはBeyond Meat社と提携しています。発表の数ヵ月後には実際に購入できるようになりましたが、それは特定のテスト市場に住んでいる場合に限られています。

スウェーデンとデンマークでテスト中

マックプラント・バーガーは、その名の通り、野菜のパティで作られています。マクドナルドによると、この製品は、食感に細心の注意を払い、「噛みにくい」ことなど、同社のハンバーガーに期待されるのと同じ種類の風味を持っています。同社によると、新しいバーガーは「柔軟に」食べたい方向けだといいます。

マックプラントは現在、スウェーデンとデンマークの2つの国をテスト市場としています。マクドナルドがテスト市場としてこれら2つの国を選んだのは驚くことではありません。例えばスウェーデンは、何年も前からマックヴィーガンサンドウィッチを販売しており、ヴィーガン製品も食料品店では珍しくありません。

他の地域への販売も準備中

マックプラントには植物性のパティを使っていますが、それらのパティはビーフパティと一緒に焼いているので、完全菜食主義者向けの製品ではないことに注意してください。また、このバーガーには、チーズ、レタス、トマト、玉ねぎ、ピクルス、マヨネーズ、ケチャップ、マスタードが付きます。

マックプラント用に開発されたパティは、主にエンドウ豆タンパク質をベースにしており、米のタンパク質は少なめです。もしあなたがスウェーデンかデンマークにいらっしゃるのであれば、マックプラントはそれぞれ2021年3月15日と4月12日まで注文できます。いつ他の市場で発売されるは不明ですが、マクドナルドがBloombergに語ったところによると、他の地域にも商品を展開する準備ができているそうです。

コメント