iOS 14.5ではマスクをしたままロック解除?ベータ版がリリースに

Appleが開発者向けにiOS 14.5のベータ版をリリースし、iPhoneユーザーの利便性を高める数々の新機能が明らかになりました。平均的なユーザーにとって最も注目すべき追加機能は、マスクをしている時に、Apple Watchを装着していると仮定して、Face IDでiPhoneのロックを解除できることでしょう。

Face IDの他にトラッキングコントロールが追加

iPhoneとApple Watchのユーザーであれば、iOS 14.5ではApple Watchで認証することでFace IDでiPhoneのロックを解除できるようになります。

この機能は、Apple Watchのロックが解除されていて、iPhoneとApple Watchが互いに近くにある場合に動作します。ただし、購入の認証にはこの機能は使えません

考記事: iPhone 12と12 Proレヴュー

新しいロック解除機能に加えて、iOS 14.5ではアプリのトラッキングコントロールが追加されました。広告目的でユーザーを追跡する場合に許可を得る必要があります。Appleはこれを 「App Tracking Transparency (アプリ追跡の透明性) 」 と呼んでいますが、これはユーザーのプライバシー保護に役立つものであり、広告ネットワークを運営する企業からは不満に思われています。

一般提供は春?公開が待ち望まれる

同様に、今回のアップデートでは、5GデュアルSIMのグローバルサポートと、Siriの音声コマンドを使って緊急連絡先に電話をかける機能が追加されています。ゲーマー向けには、 PlayStation 5とXbox Series Xのコントローラもサポートされるようになり、モバイル版Minecraftのゲームプレイがさらに洗練されたものになっています。

重要なのは、iOS 14.5のベータ版は現在は開発者のみが利用できるということです。それ以外のユーザーは、アップデートが広く提供されるのを待たなければなりません。

コメント