iPhone 12 miniの撮影機能を評価!スコアは上々

iPhone 12 miniは、iPhone 12シリーズの中では不思議な製品です。メインモデルのiPhone 12と多くの点で共通していますが、AppleがiPhone SEシリーズのファン向けにアピールすることを期待しており、よりコンパクトな形にまとめられています。iPhone SEシリーズのファンでなくとも、エントリーレベルのiPhone 12として期待していた方々は、少なくともDxOMark(フランスの独立したベンチマークを持つデバイス評価サイト)のスコアに基づく写真性能に関しては心配することはないでしょう。

写真:長所も短所もiPhone 12と似ている

iPhone 12 miniにはiPhone 12と全く同じカメラが搭載されており、OISとメインの両方に12MPセンサーと12MPのウルトラワイドシューターが搭載されています。パフォーマンスとスコアが同じであることは驚くことではありません。ただし、欠点も同じようにあり、小型モデルのほうが顕著です。

iPhone 12 miniは正確な露出と細部の良好な保存を可能にしましたが、DxOMarkは屋外での撮影時に青いホワイトバランスのキャストに気が付きました。ダイナミックレンジが狭いにもかかわらず、色の再現性も良好です。ただし残念なことに、iPhone 12 miniはレンズのフレアなどの目立ったアーティファクト(画像処理の過程で発生する歪み)も生成しており、専用の望遠レンズがないと言うほど、ズーム機能はありません

動画:iPhone 12より不安定

そして、動画に関しては、DxOMarkによると、iPhone 12 miniは他の12シリーズよりも明らかに不安定でした。静止画撮影時に見られる同じ青やピンクのキャストに加えて、サイトのエンジニアは、屋外での撮影時にもオートフォーカスが不安定になることを報告しています。

iPhone 12 miniがDxOMarkのランキングでiPhone 12と関連付けられていることは驚くべきことではありません。また、どちらもiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxより数ポイント低く評価されています。これは、最も安価なiPhone 12オプションを欲しがる方たちが、iPhone 12に比べて多くを諦めているわけではないことを意味しています。その一方で、価格とサイズを除けば、iPhone 12 miniに手を出す理由は少なく、最近のレポートから判断すると、Appleが期待していたほど多くの人が魅了されていないようです。

コメント