衛星に搭載されたCanonのカメラで写した地球を見てみませんか?

現在、衛星にはキヤノンのカメラが搭載されており、地球の写真を撮ることができます。このカメラは、地球に向けられた40cmの望遠鏡と組み合わせて、カメラのパワーをインタラクティブにデモンストレーションするものです。同社の衛星CE-SAT-Iという衛星に搭載されているカメラは、少し改造されたCanon 5D Mark III DSLRです。

2017年に打ち上げられた衛星で撮影

「CE-SAT-I」と呼ばれるこの衛星は、今まさに地球を回っている小さなハードウェアです。キヤノンによると、CE-SAT-Iは「キヤノンによって完全に構築された初のマイクロサテライトで、宇宙イメージの限界を再定義する、小型、軽量、コスト効率に優れたソリューション」です。

この衛星は33インチ×20インチ×20インチ(約85cm×50cm×50cm)とかなり小さいです。最初に打ち上げられたのは2017年ですが、この衛星は現在、地上375マイル(約600km)の軌道を周回しており、3 x 2マイル(約5km×3km)のフレームで写真を撮影していますが、インタラクティブサイトで見られる写真はライブで撮影されたものではありません

宇宙飛行士のナレーション付き

このサイトは、宇宙飛行士のMarsha Ivins氏がナレーションを担当しており、将来のコスト効率の高い、高解像度の人工衛星が宇宙イメージをより身近なものにすることについて語っています。2012年に手にしたのと同じカメラで宇宙にアクセスできることを想像してみてください。

撮影されたの画像へは、アメリカのRedefine The Limitsのインタラクティブサイトからアクセスできます。このような独自の衛星があり、いつでも好きなときに写真を撮ることができると想像してみてください。あなたなら、どこを見ますか?何の写真を撮りたいですか?どのくらいまでズームしてみますか?

コメント