Intelの最新プロセッサーはポータブルゲーミングPCの先駆けとなるか

Intelは、教育、ゲーム、ビジネスなど、さまざまなプラットフォームとユーザー向けに設計された4つの新しいプロセッサーシリーズを発表しました。新しいラインアップには、ビジネス向けに設計された第11世代Intel Core vPro、教育向けのNシリーズPentium SilverおよびCeleronプロセッサー、ゲーム向けの第11世代Intel Core Hシリーズモバイルプロセッサーが含まれます。

世界最大のIT家電ショーCES 2021で発表

オンライン開催となったCES 2021で、Intelは4つの新しいプロセッサーファミリーを発表し、次世代デスクトップ技術である「Alder Lake」と「Rocket Lake」のプレビューを提供しました。ビジネス向けプラットフォームでは、新たに導入された第11世代のIntel Core vProは、ハードウェアシールドセキュリティ、10nmのSuperFinテクノロジー、人工知能パフォーマンスの8倍の向上、一部のアプリで最大23%向上したパフォーマンスを誇っています。

一方、教育分野では、コラボレーション、パフォーマンス、メディアのバランスを約束する新しいNシリーズのIntel Pentium SilverとCeleronプロセッサーが導入されています。Intelによると、同社の10nmアーキテクチャをベースにしたこれらの製品は、アプリ使用時のパフォーマンスが最大35%向上し、グラフィックスに関しては最大78%向上するとのことです。

新プロセッサー搭載のデバイスを他社も発表予定

また、ゲームプラットフォームでは、Intel第11世代Intel Core Hシリーズモバイルプロセッサーが、熱狂的なゲーマー向けに設計された薄型ゲーム用ノートブックPCを約束します。このシリーズをリードするのは、最大5GHzのTurboで提供されるCore i 7 Special Edition 4コアプロセッサーです。これらのプロセッサーはウルトラポータブルゲーム向けに設計されたとIntelは述べています。

これらのH35プロセッサーでは、MSI、ASUS、Acer、Vaioなど、複数のモデルが発表されています。Intelによると、2021年前半にはさらに40社ほどのトップ製造パートナーが、これらのプロセッサーを搭載した独自のデバイスを発売する予定だそうです。

コメント