WhatsAppが社会的に距離のある初めての大晦日に通話記録を樹立

多くの人々が安全に社会的に距離のある大晦日のお祝いに参加しました。これには、メッセージングサービスと音声通話が深く関わっています。20億人を超えるユーザー数のWhatsAppには記録的な数の通話がありました。Facebookによると、世界中で14億件以上のビデオ通話と音声通話が行われたそうです。

通話回数は2019年大晦日より50%以上増加

 Facebookは、パンデミックが宣言された2020年3月ごろ、同社のサービスに対する前例のない需要を経験した企業の一つでした。多くの人が突然自宅で仕事をするようになり、友人や家族と距離を取ったため、メッセージや電話が急増しました。Facebookは以前、トラフィックの増加に対処する取り組みについて詳細に説明しています。

Facebookは大晦日はWhatsApp上で一日に行われた通話回数が最も多く、2019年の大晦日と比較して50%以上増加したと述べました。また、Messengerでは、アメリカで最も多くのグループビデオ通話が行われ、新記録を達成しました。

ARエフェクトは花火が一番人気

アメリカを拠点とするMessengerユーザーに関する限り、大晦日に使われたARエフェクトのトップは、予想通り 「2020 Fireworks」 オプションでした。FacebookとInstagramはどちらも、カウントダウンのお祝いにも大いに利用され、5,500万以上のライブセッションが2020年の最終日に行われました。

また、この種のプラットフォームの利用がすぐに減ることはなさそうです。ワクチンの展開は徐々に始まりそうですが、COVID-19(新型コロナウィルス)の症例は増加しており、一般の人々が最寄りの医療機関を訪れてワクチン接種を受けられるようになるまでにはまだ時間がかかるかもしれません。

コメント