AppleのMagSafeDuo充電スタンドを3Dプリント

3Dプリントの最大の魅力の1つは、個々のユーザーが独自のガジェット付属品を作れるようになったことです。3Dプリントの時代以前には、iPhone 12とApple Watchの充電スタンドを自作することはほとんど不可能でした。3Dプリンターの登場で、プリンターを持っている人なら誰でも、思いつく限りのものなら何でも作れるようになりました。

MagSafeDuoを作成

ユーザーのDonSonsi氏はRedditThingiverseに製品の詳細を投稿しました。DonSonsi氏によると、これまでに3つのバージョンが開発されており、その中にはデフォルトのデバイス、Appleロゴのないデバイス、ケースやカバーの付いた腕時計をサポートするために奥行き1.1mmの腕時計ベース付きのデバイスがあります。このスタンドは、iPhone 12シリーズのスマートフォン用の電磁誘導式Magsafe充電アダプタと、Apple Watch用の電磁誘導式充電アダプタをサポートするように設計されています。

ベースの設計により、ケーブル配線をスタンドの下の左側または右側に誘導できます。スタンドはAnycubic All-metalメガ3Dプリンターを使用してプリントされました。解像度は0.16で、面材は15%でした。PETG製の標準フィラメントを使用し、ストームグレーと呼ばれるカラーでプリントされています。

Redditでの反応は上々

設計者は、PLAを使用して印刷した場合、デザインは維持されると考えています。印刷設定は40mm/sで、0.16レイヤーの高さ、0.4ライン、および3つの外壁を使用しています。カスタムプリントされた充電器はRedditで人気があり、多くの人がメーカーにプリントを依頼しています。ただし、カスタムデバイスにロゴを印刷したこと、特にそれを販売し始めた場合には問題になる可能性が高いかもしれません。

デザイナーはAppleのロゴを印刷しないことで、問題になるのを避けることができるでしょう。実際に興味のある方のためにプリントするのにいくらかかるかは不明です。

コメント