Appleがキーボードに表示されている文字や機能の変更に関する特許取得

何十年もの間、コンピュータのキーボードはそれほど変わっていません。一部のキーは追加機能を増やし、ラップトップのFnキーとCtrlキーは場所を移動していますが、標準的なキーのセットとその配置は決まっています。キーボードのレイアウトや言語が異なると、キーボードの種類に応じて異なるモデルを作成する必要があるため、レイアウトや言語を変更することは困難で、無駄でさえあります。もちろん、異なるものを作るようにキーを設定することはできますが、キーキャップに印刷されるものは、Appleが最新の特許を実現するまでは同じままでしょう。

キーを別の文字や機能に変更できるというアイデア

各キーに表示される文字は、実際にその文字やアクションにマップされているかどうかに関係なく、ほぼ永続的です。空白のキーのキーボードを使うこともできますが、各キーの用途を覚えておく必要があります。外出先でキーの機能を変更したり、ラベルに表示される内容を変更したりすることができれば、間違いなく便利です。

これは、Appleが最近取得した特許で目指していたアイデアそのものです。簡単に言えば、各キーにはMacBook Proタッチバーのような独自のディスプレイがあり、その場で別の文字を使うようにプログラムできます。これにより、同じキーボードを使用してキーボードレイアウトや言語を簡単に変更できるようになり、これらのユースケースをサポートするために別のキーボードを作成する際の材料やコストを節約できます。

現状はアイデアの所持で特許を取得したのみ

ディスプレイを変えることができるキーボードというアイデアは決して新しいものではありませんが、Appleの特許がユニークなのは、既存のキーボードスイッチで動作することを想定しているからです。キー自体はプラスチック、金属、ガラス、あるいはサファイアで作られていますが、AppleのMacBookにあるシザースイッチ構造キーボードなどと一緒に使用することもできます。

もちろん、特許とは、将来的に使用する可能性のあるアイデアを持っていることを宣言したものに過ぎません。Appleがアイデアを実行に移すかどうかは、実際にそれを実現するための材料と技術を持っているかどうかにかかっています。

コメント