自動ドアに映像が映し出される未来はそう遠くないかも

LGはさまざまな製品向けのディスプレイを製造していますが、OLEDドアの分野にも進出するのはそう遠くないでしょう。LGは、スウェーデンのAssa Abloy Entrance Systemsと提携して、透明な自動OLEDドアを製造すると発表しました。LGはこのドアが同社の法人顧客にいつ提供されるかについては何も明らかにしていませんが、LGとAssa Abloyが今週中に最初のOLEDドアを発表する予定であることがわかっています。

広告やメッセージを表示

LGの発表によると、この新製品は「LGの透明OLEDサイネージ(モデル55EW5G)とSuperSignソフトウェアベースの統合コンテンツ管理ソリューションと、Assa Abloy製のガラスの自動ドアを組み合わせたもの」です。

透明なOLEDドアには様々な用途がありますが、その中の1つとして、店舗に入る際に、企業が顧客を迎えるために使用することが考えられます。LGはまた、ドアは「従業員とのコミュニケーション」にも使用できると述べていますが、用途全体としては、使われる可能性は低いと思われます。そして、もちろん、これらのドアの最も明白な用途は広告です。

強化ガラス使用で耐久性も問題なし

ドアは透明なので、人々はその背後で何が起きているかを見ることができます。そしてLGは、背景で起こっていることを統合する広告のための、かなりユニークな機会を提供すると述べています。ドアには強化ガラスが使用されており、繊細なOLEDディスプレイを使用しているにもかかわらず耐久性に優れていることを意味します。

LGとAssa Abloyは、この新製品で「特殊な商業用途」をターゲットにしているそうなので、残念ながらご自宅用には手に入らないようです。LGとAssa Abloyが透明OLEDドアに関する詳しい情報を発表したら、またお知らせしますのでご期待ください。

コメント