日本未導入のスバル製PHV クロストレック(XV)改良新型発表

スバルの米国部門は、2021年モデルのプラグイン・ハイブリッドSUV『クロストレック(日本名:XV)』の価格を発表しました。日本では導入されていないPHV仕様です。フロントマスクのデザインや、サスペンションのセッティングも異なります。

2021年モデル スバル『クロストレック(XV)』

スバルのプラグイン・ハイブリッドパワートレイン「StarDrive」を搭載し、米EPAサイクルで38.2km/lの燃費を実現。EVモードで最大27kmの電気走行が可能とされています。

グレードはシンプルに一種類のみ設定され、今冬に北米の販売店に導入される予定です。フロントバンパーとフォグランプのデザインを一新したほか、ヘキサゴングリルにはシルバーメタリックのウイングとブルーのアクセントを添えています。

2021年モデル スバル『クロストレック(XV)』

サスペンションシステムのコイルとダンパーも調整し、乗り心地とハンドリング、ステアリングレスポンスを向上させています。内燃機関は2.0L直噴ボクサーエンジン。全輪駆動とリニアトロニックCVTを組み合わせています。

スバルのプラグイン・ハイブリッドシステムの特徴は、発電用と駆動用に2基の電気モーターが搭載されている点です。一方はエンジンスターター/ジェネレーターとして機能し、バッテリーに電力を供給。もう一方はホイールを駆動するほか、減速時に回生エネルギーを回収する役割を担っています。

2021年モデル スバル『クロストレック(XV)』

他のスバル車と同様に全輪駆動システムを採用し、Xモードとヒルディセントコントロールを搭載。220mmのグランドクリアランス(最低地上高)を確保し、オフロードでのパフォーマンスを向上させています。約450kgの牽引能力も有します。

また、スバルの運転支援システム「アイサイト」とコネクテッド技術「スターリンク」を搭載しています。オプションとして、ムーンルーフ、ステアリングヒーター、ナビ、8スピーカーのオーディオシステムも用意。価格は改良前から約200ドルアップの35,345ドル(367万円)から。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント