​iOS 14.2.1をAppleがリリース

​AppleはiOS 14.2.1を公開し、最新リリースの多くのバグに対処しました。最も重要なのは、一部のiPhone 12 miniのユーザーが報告していたディスプレイの問題を修正したことです。​この不具合は今週初めに発見されており、ロック画面がタップやスワイプに反応しなくなることがありました。

本体交換ではなくアップデートで問題に対応

 ​この問題に対処するソフトウェア修正のうわさは、問題発生の少し後に流れ始め、認定サービスプロバイダへの対応の詳細とともにAppleの内部文書が流出しました。​これは、ハードウェアを交換するのではなく、iOSのアップデートでタッチスクリーンを修正できることを示唆していました。

そして、​iOS 14.2.1が公開されました。変更点のリストにはiPhone 12 miniのロック画面の問題に対するウェルカムパッチがあります。​問題が発生しているユーザーが、171MBのアップデートをインストールした後で、実際に解決したかを確認する必要があります。​Slash GearのiPhone 12 miniレビューユニットではこの問題は発生しませんでした。

MMSや補聴器のパフォーマンスも修正

iOS 14.2.1のその他の変更点は、一部のユーザーに起きていたメッセージが受信されないMMS問題の修正が含まれています。​Appleはまた、「Made for iPhone」補聴器の性能を微調整し、iPhoneからオーディオを聴くときに報告されていた品質問題を解決しました。

​初期の不具合は新しい携帯電話の発売ではよくあることですが、ハードウェアの変更ではなく、ソフトウェアで調整したりパッチの適用で対応されたことが過去にもありました。​例えば今年に入って、一部のiPhoneユーザーがディスプレイの色が緑がかっていると報告しましたが、Appleはこれを温度管理の問題が原因だとし、​これを修正するためにiOS 13.6.1がリリースされました。

iOS 14.2.1をインストールするには、設定に移動し、[一般]、[ソフトウェア・アップデート]の順に選択します。

コメント