ベンチマークも裏付け!M1チップ搭載のMacBook AirとProはやっぱり凄い?

独自のシリコンプロセッサで動作する第1世代のMacに関するAppleの発表は、大胆な主張でいっぱいでした。M1チップとそのARMベースのデザインの目新しさを考えると、新しいMacBookがIntelの最も強力なプロセッサに対抗できるか不安があるかもしれません。これらの新しいコンピュータのGeekbenchスコアが出始めています。これはAppleの主張を裏付けているようで、1ケースを除いてIntelベースのMacBookを上回っています

ベンチマークはAppleの主張を裏付ける結果に

Appleがプロセッサに関する技術的な詳細を明らかにすることはめったにないという事実を考えると、自社のARMベースのプロセッサの技術的な優位性について、同社の言葉に頼らなければなりません。AnandTechが行ったように、いくつかの手がかりを収集することもできますが、Geekbenchの結果を待つこともできます。

どちらもApple Silicon M1で動作するMacBook Air(2020)およびMacBook Pro(2020)のスコアは、印象的な数値を示しています。MacBook Airはシングルコアで1687点、マルチコアで7433点を獲得し、MacBookProはそれぞれ1714点と6802点を獲得しました。この違いは、2つのMacBookで使用されている異なる冷却システムに部分的に起因している可能性があります。Airはファンレス設計で、Proは新しい冷却システムを採用しています。

GPUのパフォーマンスのみIntelモデルが上回る

これらの違いに関係なく、2つのスコアは依然としてAppleの最高のiOSデバイスを上回っています。しかし、さらに重要なのは、これらがIntel Core i7やCore i9プロセッサを売りにした最新のMacやMacBookよりはるかに勝っており、Appleの主張を裏付けていることです。

​ただし、1つ注意しなければならないのは、GPUのパフォーマンスに関して言えば、M1 MacBookが、ディスクリートグラフィックスカードを搭載しているIntelの同系製品に後れを取っていることです。​この不利な点は、Intelモデルが持つeGPUのサポートの不足によってさらに感じられるかもしれません。​とはいえ、合成ベンチマークは一面しか示しておらず、ユーザーにとって本当に重要なのは、実生活での使用感になるでしょう。

コメント