BMWの電動スクーターは『AKIRA』に出てきそうなほど未来的だった

BMWは新型の電動SUV「iX」を発表しましたが、それと当時に電動スクーター「ディフィニションCE 04」も発表しています。BMWの2輪車部門モトラッドは、そう遠くない将来の都市型電動モビリティのビジョンだとしていますが、まるで『AKIRA』に出てきそうなビジュアルです。

BMWモトラッド「ディフィニションCE 04」

iXがSUVにハンサムな存在感を求める人のためにデザインされているとすれば、ディフィニションCE 04は、スクーターにアニメのような興奮を期待しているライダーのためのものです。2017年に発表された「コンセプト・リンク」をベースに開発され、電動スクーターにありがちなフェイクレトロではなく、未来的なスタイルを採用しています。

フラットな形状のバッテリーは床下に収まり、eDriveシステムは従来の内燃エンジンよりもコンパクトです。これにより、ヘルメットなどを収納するコンパートメント(内側に照明が付いており、サイドからアクセスできる)のスペースが確保されました。

重心が低く抑えられているため、ハンドリングとライディングの楽しさが向上しています。仕様の詳細はまだ公表されていませんが、長距離のクルージングは期待できないでしょう。モトラッドは、都市部での走行をターゲットにしているといいます。

同社の車両デザイン責任者であるアレクサンダー・バッカンは次のように述べています。

「ターゲット層である都市在住の人々は、一般的に1日あたり約12kmの短距離を走行します。そのため、長距離での快適性よりも使い勝手の良さを重視しました。そのため、“フローティング・シート”にたどり着いたのです」

BMWモトラッド「ディフィニションCE 04」

フロントにはU字型LEDライトが2つ、サイドパネルにはC字型テールライトが組み込まれています。スクーターにしては巨大な10.25インチのディスプレイを装備しており、走行状況を表示するだけでなく、ライダーのスマートフォンに接続することも可能。

モトラッドは専用のウェアも発表しています。黒のジーンズ、スニーカー、白のオープンフェイス・ヘルメットに加えて、袖とフードにライトを内蔵して視認性を高めたパーカーを用意。パーカーにはスマートフォン用のワイヤレス充電ポケットも付いています。

BMWモトラッド「ディフィニションCE 04」

ディフィニションCE 04は、モトラッドの都会での電動モビリティー戦略の一環とされていますが、市販化の時期については明らかになっていません。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント