Apple Watchはまた一歩未来へ:睡眠障害向けのアプリが承認される

最近のスマートウォッチやフィットネスバンドの多くは、何らかの形で睡眠モニタリングを提供しています。​しかし、それらができることのほとんどは、ユーザーがどれだけよく眠れたか、あるいはよく眠れなかったかを教えてくれることです。​日常的な悪夢、特にPTSD(心的外傷後ストレス障害)によって引き起こされる悪夢に悩まされている人たちには、ほとんど何の助けにもなりません。この悪夢に起因する成人の睡眠障害を減らすために、NightWareシステムをApple Watch向けに販売することを米国の政府機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)が承認したことで、この状況は少し変わるかもしれません。

体の状態で判断し起こさずに悪夢を中断させる

 ​NightWareシステムの背景にあるアイデアは、ほとんどの睡眠モニタリング機能の基盤の上に構築されています。NightWareは、​生体認証を利用して睡眠の質を測定し、そのデータをサーバーに送信してアルゴリズムを実行した後、患者のパーソナライズされたプロファイルを作成します。​このプロファイルは、ユーザーの将来の睡眠の質を比較するためのベースラインとして使用されます。

NightWareが睡眠モニターと違うのは、悪夢と思われるものにどう反応するかです。​体の動きと心拍数がそうであることを示している場合、ユーザーを起こさずに悪夢を中断させようとApple Watchを振動させます。

利用には薬物療法と併用の上、処方箋が必要

しかし、このApple Watchベースのデバイスには多くの注意点があります。​たとえば、夢遊病や、悪夢を見ているときに暴力を振るう傾向のある方は使用しないでください。​また、本を読んだりテレビを見たりするときにデバイスを着用することはお勧めしません。​皮肉にも日中の眠気を誘発する可能性があり、その時点で患者はかかりつけ医に知らせる必要があります。

​FDAの発表では、NightWareは独立したツールではなく、薬物療法と併用する必要があることを指摘しています。​実際、NightWareはApp Storeから簡単にダウンロードできるものではなく、処方箋が必要です。​しかし、FDAの承認により、スマートウォッチを医療分野で次のレベルに引き上げる同様のツールへの扉が開かれる可能性があります。

コメント