iPhone 12が電源管理チップ不足に直面

Appleは、同社の最新かつ最高のスマートフォンがすでに発表されているにもかかわらず、もう1つの嵐を乗り切る必要があるかもしれません。業界筋は現在、iPhone 12の大量の電力需要を管理するのに必要なチップがまもなく不足する可能性があり、ホリデーシーズン中のiPhoneの販売に影響を及ぼす可能性があると主張しています。

需要が高まる電源管理チップ

「iPhone 12」 と 「iPhone 12 Pro」 の発売はすでに出遅れており、大型版の 「Max」 にはまだ対応していません。工場の閉鎖、移動制限、労働時間の短縮をもたらしたCOVID-19(新型コロナウィルス)の大流行のため、Appleの2020年のスマートフォンの発売は例年よりも遅れています。現在のiPhone 12に対する好意的な反応も、供給不足のため冷ややかな反応に直面する恐れがあると伝えられています。

今回の供給不足は、今年のiPhoneでさらに必要になった電源管理チップです。iPhone 12は5Gモデム搭載なのもあり、これまでにないほどパワフルで、消費電力も大きいのでその機能をサポートするために必要なのは言うまでもありません。

AppleのCEOも供給不足の可能性を認める

問題を複雑にしているのは、パンデミックが続いているために、メーカーがどのように部品を備蓄しているかということです。そして、米国の禁止令のためにこれらの部品の購入が永久にブロックされる前に、できるだけ多くの供給を得ようとしているHuaweiもいます。部品メーカーが残し、まだ作ることができる供給品は、おそらくAppleに回されるでしょうが、今後数週間で予想される需要の急増に対応するには不十分な場合があります。

幸いなことに、さまざまなサプライヤーから部品を調達するというAppleの戦略は、少なくともその不足を補うのに役立つ可能性があります。しかし、同社はホリデーシーズンを視野に入れて生産を増やしており、CEOのTim Cook氏でさえ供給がいつまで続くかわからないことを認めています。

コメント