iPadの次の秘密兵器は2021年に業界を導くかもしれない

ディスプレイ技術における次の大きな革新は、2021年にiPadに登場する可能性があります。この技術の製造についての最新の報告は、LG Displayに関する知識を持つ情報筋によるもので、彼らはAppleにミニLEDバックライトLCDパネルを提供すると見られています。スマートデバイス業界にとって、これは何を意味するのでしょうか?

明るく鮮明な画面が実現される

今後数年のうちに、ミニLED技術が大衆に採用されることは必然かもしれません。これはLED市場が進むべき次のステップであり、LCD技術と協力して、はるかに明るく、よりシャープでよりカラフルなディスプレイの未来を実現します。

今週の韓国からの報道は、内部情報筋がLG Displayの次の大きな動きを報じました。LG DisplayはAppleと協力して、iPad向けのミニLEDバックライトLCDパネルを2021年初めに提供する予定です。

モバイルデバイスへの採用で新しい一歩を踏み出す

Appleの大小さまざまな製品には、いずれミニLEDバックライトLCDパネルが採用されるでしょう。すでにテレビなど一部の製品にはミニLED技術が採用されていますが、スマートデバイス、モバイル、ノートパソコンなどの産業技術には広く採用されていません

AppleのミニLED技術採用に関する話はこれが初めてではありません。このテクノロジーを最初に手にする製品に関するアナリストの予測を見てみましょう。また、2020年9月下旬には、次のiPad ProがApple製品の中で最初の主要なミニLED技術採用の製品になる可能性があると指摘されました。

近い将来に大きな革新が現れない限り、ミニLEDバックライトLCD技術は、モバイルデバイス向けの次の波となるでしょう。今や一般の人々は、一台のスマートフォンに1,000米ドル以上を支払うことに慣れているので、使用する部品の価格を引き上げることもできます。業界の未来を明るく照らすのか注目が集まりそうです。

コメント