MicrosoftがWindowsからAdobeFlashを削除するアップデートをリリース

Windows 10のアップデートについて発表がされていますが、興味深いことがいくつかあります。1つは、アップデートが完全にオプションであること、もう1つは、アップデートがAdobe Flashを終了しようとしていますが、実際には十分に進んでいないことです。実際、アップデートを適用した後もAdobe Flashがインストールされたままになっている可能性が高いかもしれません。

MicrosoftのUpdateカタログからのみ入手可能なプログラム

Bleeping Computerが報じているように、Windows 10のアップデート「KB4777586」には、Windows 10とWindows Serverの全バージョンからFlash Playerを削除するという一つの目的があるようです。これはオプションの更新プログラムであるため、少なくとも今のところはWindows Updateからは入手できません。MicrosoftのUpdateカタログを介してのみ入手できます。

このアップデートの興味深い点は、Windows10のインストールにバンドルされているFlashPlayerのみが削除されているように見えることです。このアップデートは、適用後に削除することはできず、一度FlashPlayerを削除すると、再度インストールできなくなりますAdobe自身が2020年末までにFlashを正式に廃止することを考えると、これは悪いことではありません。

完全に機能しなくなるのは来年が目処

削除されるのはWindows 10にバンドルされていたFlash Playerだけなので、アップデートが適用された後もFlash Playerのブラウザーのアドオンは引き続き機能するようです。それだけでなく、ユーザー自身がインストールしたスタンドアロンバージョンのFlash Playerも機能します。

したがって、このアップデートがWindows Flash Playerを無効にするのは事実ですが、それは非常に緩い意味でのみ行われます。Microsoftは、同社製品からFlashを排除することに関しては独自のスケジュールを持っており、2021年半ばまでには、いくつかの例外を除いて、完全に完了するようです。

コメント