ゴージャスでレトロ!ハーレーダビッドソンに電動自転車が登場

ハーレーダビッドソンが新しい電動自転車を発表しました。これは、コスト、騒音、オートバイほどの大きさなしに、スタイリッシュでパワーのある方法で街を移動できるようにするものです。新しい電動自転車 「Serial 1 eBicycle」 は、ハーレー・ダビッドソンが、パンデミックと若い消費者の関心不足が重なって販売問題を増大させている中で登場します。

世界を変えたいというビジョン

この電動自転車は、率直に言ってとても美しいです。このモデルは、白いタイヤと、ダークでややミニマリストなフレーム、革のようなシートといった全体的に高級感のある外観を備えています。これはSerial 1 Cycle Companyの電動自転車市場での最初のリリースで、来春に新しいモデルを発売する予定です。

その名前が示すように、Serial 1 eBicycleは、Serial Number 1 Harley Davidsonモーターサイクルへのオマージュとして設計されました。このモデルは、1900年代初頭にリリースされたモデルで、トリムは少なく、ミニマリストの自転車のようなデザインです。Serial 1 Cycle CompanyのブランドディレクターであるAaron Frank氏は次のようにコメントしています。

“ハーレーダビッドソンが1903年に初めて二輪車に動力を供給したとき、世界の動きを永久に変えました。ハーレーダビッドソンの創業者たちの起業家精神に触発されて、私たちはサイクリストとサイクリングに興味を持つ人々がSerial 1 eBicycleを使って世界を移動する方法をもう一度変えたいと思っています。”

詳細なスペックはまだ明らかにされていない

残念ながら、ハーレーダビッドソンは現時点でSerial 1 eBicycleの仕様を明らかにしていないため、発売されるモデルにどのようなパワーとレンジを期待できるかはまだわかりません。プロトタイプの画像から明らかなように、自転車はベルト駆動で、モーターは自転車の中央にあり、バッテリーはフレーム内に隠れています。

これからの需要は電動自転車にあり

ハーレーダビッドソンが電動自転車を発売する計画であることは以前から知られていましたが、これは市場の需要の変化を考えると避けられそうにないビジネスの進化です。年配の購買者は主にオートバイを娯楽のためのもの、情熱を持った楽しい乗り物と考えていましたが、若い購買者は異なる優先順位を持っています。すなわち、彼らが求めているのは、何よりもまず楽しいものではなく移動のための電動機械です。

大型で派手なオートバイで知られるハーレーダビッドソンは、この変化する市場で生き残るのに苦労してきました。2019年の調査によると、21歳から34歳の消費者は主に 「移動のしやすさ」 のためにオートバイや電動自転車を買うことを考えており、ハーレーダビッドソンのシェアは2018年に32%急落したと報告されています。

電動自転車は、車に比べてコストがかかりません。また、電気的な性質があるため、一般的なガソリンバイクのように環境を汚染せず、音量も大きくなく、アパートやマンションに保管できます。若い人たちが住む可能性が高い大都市での移動に適しているという点で、電動自転車には確かに魅力があります。

コメント