旅行や待ち合わせの世界を変える新機能がGoogleマップに登場

多くの人にとって、Google Mapsは現実の世界をナビゲートするための不可欠なツールになっています。ただし、誰もがデジタルで高度な地図を使用するのが簡単であり、視覚的な手がかりを好んで向きを変えることができるとは限りません。そのためにGoogleはAR(拡張現実)ベースのライブビューを開発しました。現在、特に地図に圧倒されていると感じている人にとって、目的地や友達を簡単に見つけることができるようになるいくつかの新しい改善点を発表しています。

名所やカーナビに似た表示で目的地を簡単に把握

Googleマップのライブビューは、ARを使って2つのことを実現しようとしています。1つ目は、Googleマップのカーナビと同様に、徒歩でも仮想の矢印と距離をスマートフォンの画面に表示し、目的地を視覚的に示すことです。これにより、地図をじっと見下ろすのではなく、スマートフォンと頭を上げたままにしておけるので、人や物にぶつかる可能性を減らすこともできます。

もう1つは、ライブビューは近いうちに、人気のあるランドマークを表示するようになるので、現在地や目的地を簡単に知ることができるようになります。これらのランドマークには、現在地に応じた象徴的な場所や構造物が含まれます。

対象地域は徐々に拡大される見込み

もちろん、これが問題になるのは、自分の住んでいる地域でライブビューが利用できる場合のみで、まだすべての地域をカバーしているわけではありません。Googleはこれをさらに拡大し、電車やバスの駅を降りた後の最後の数メートルにまで拡大する予定です。観光の際はこの新機能をよく使うようになるでしょう。

そして、旅行だけでなく、友達との待ち合わせでも役に立つでしょう。これまではGoogle自身のPixelスマートフォンでしか利用できませんでしたが、AndroidとiOSでも位置情報を共有できるようになり、友達がどこまで近くにいるかをARで確認できるようになります。

コメント