iOS14に早速バグ?あの待望の機能の設定が保持されないと報告

Appleは、デフォルトで設定されている「Safari」と「メール」を他のアプリに変更できる機能をついにiOS 14で導入しました。しかし、その待望の機能にバグが見つかったかもしれません。ユーザーからの報告によると、これらのアプリの設定は、iPhoneやiPadを再起動するたびにリセットされてしまうようです。おそらくバグですが、iOS 14とApple全般に起きていることを考えると、良い兆候ではないかもしれません。

設定しても再起動のたびにリセットされてしまう

Appleは長い間、iPhone及びiPadのユーザーがデフォルトアプリを設定することを許可していませんでした。もちろん、Google ChromeやMicrosoft Outlookを使うことはできますが、手動で行う必要があります。他のアプリからリンクをクリックすると、デフォルトのSafariやメールが開いてしまいます。

しかしiOS 14では、デフォルトのブラウザとメールアプリのみを変更できるようになりました。「Chrome」 「Microsoft Edge」 「DuckDuckGo」 「Spark」 「Hey」 などの承認済みアプリの中から選択できます。しかし、デバイスを再起動するたびに、その設定がデフォルトのSafariとメールアプリに戻るバグが発見されました。

発表直後の公開のため今後もバグが発生する可能性

これはおそらく単なるバグでしょうが、Appleはまだこのことを認めていません。しかし、これはiOS 14の発表をめぐる問題の1つにすぎず、その中でも最大の問題は、開発者に1日しか猶予を与えず一般公開をするというAppleの決定でしょう。これは、ユーザーが以前のリリースよりもはるかに多くのバグに遭遇する可能性があることを意味しています。

また、この機能に関して9to5Macによって報告された別の奇妙な問題があります。Safariをデフォルトのブラウザにしておくと、iOS 14はメールアプリの環境設定を尊重せず、AppleのメールアプリでSafariのメールリンクが開くようです。Safari以外をデフォルトのブラウザに設定した場合は、リンクは意図した通りに機能し、ユーザーが設定したメールアプリで開かれると報告されています。

コメント