「すべてを捨てろ」 ジャガー初代「Eタイプ」の魅力的なストーリー

初代ジャガー「Eタイプ」は、1961年に誕生しました。60年経った今、12台の限定モデル「60エディション」として21世紀によみがえります。当時のジュネーブモーターショーでのデビューが間近に迫る中、ある出来事が起こりました。そのストーリーこそが、ジャガーが初代Eタイプを復活させた理由なのです。

ジャガー「Eタイプ 60エディション」

「ジャガーEタイプは、1961年に発表された時と同じように、現在でもセンセーショナルな本物のアイコンです」

ジャガー・クラシック社のディレクター、ダン・ピンク氏はこう述べています。

「Eタイプの先進的なデザインとエンジニアリングの証であり、60年近く経った今でも情熱的に楽しむことができ、賞賛されています」

登録ナンバー「9600 HP」の初代Eタイプ(クーペ)

1961年のジュネーブモーターショーの前夜、登録ナンバー「9600 HP」のオパールセントグレーのクーペが、英コベントリーからスイスに向けて走り出しました。ジャガー広報マネージャーのボブ・ベリー氏が運転し、無事に到着。ゴージャスなボディスタイルが高い評価を得ました。

次いで、ジャガーのトップであるウィリアム・ライオンズ卿は、開発エンジニアのノーマン・デュイス氏にこう命じます。「すべてを捨てて(Drop evrything)」、登録番号「77RW」のブリティッシュレーシンググリーンのロードスターをコベントリーからジュネーブまで一晩かけて運転するように、と。

登録ナンバー「77 RW」の初代Eタイプ(ロードスター)

デュイス氏は1,000km以上の道のりを11時間かけて走り、翌朝にはジュネーブに到着しました。この偉業は、初代Eタイプの空力形状(最高速度240km/h)だけではなく、ジャガーの技術力を高さも物語っています。

「Eタイプ60コレクションは、ファンのための永続的なオマージュであり、このクルマのレガシーとそれを生み出したチームの功績を称えています。彼らの子孫の多くは、ジャガー・クラシック社で働き、復元、修理、維持して未来を保証する楽しみを次世代に残しています」(ダン・ピンク氏)

1961年のジュネーブモーターショーで、イギリスから駆け付けた2台のEタイプ

60コレクションは、クーペとロードスターの2台で1ペアとなっています。それぞれ9600 HPのクーペ(フラットアウトグレー)と77 RWのロードスター(ドロップエブリシンググリーン)をモチーフとしています。どちらのカラーも60コレクション専用色です。ドロップエブリシンググリーンは、ライオンズ卿の「すべてを捨てて」の言葉にちなんだものです。

パワートレインには265馬力、352Nmのトルクを発生する3.8L 直列6気筒のリビルトエンジンを搭載。また、60周年を記念するディティールも施されています。

60コレクションのために6ペア(12台)しか生産されませんが、時代を反映した初代Eタイプを所有できる貴重な機会です。価格はまだ明らかにされていませんが、おそらく約70万ドル(7,471万円)程度になるのではないでしょうか。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント