AppleWatchのGoogleマップが復活しCarPlayのUIもアップデート

GoogleはiOSのGoogleマップの最新アップデートを発表しました。CarPlay最新の機能アップデートと、Apple Watch用のGoogleマップの復活です。どちらもApple提供の純正アプリがあるので、Appleのエコシステムに根を下ろしているサービスですが、Googleの地図アプリを好むユーザーにとっては朗報に違いありません。

CarPlayの分割画面UI

AppleのCarPlayには、昨年iOS 13に登場した比較的新しいダッシュボードモードが搭載されています。これによりユーザーはCarPlayの分割画面UIのサポートを利用でき、カレンダー情報や音楽コントロールなどのユーティリティと共にアプリを表示できます。

Googleは月曜日のブログ記事で、GoogleマップアプリがついにCarPlayのダッシュボードモードをサポートすると発表しました。このアップデートにより、ユーザーはより利便性が高く、今後必須になるであろう分割画面機能にアクセスできるようになったと述べました。ユーザーはナビゲーションカードと共に、ナビゲーションルートを示す地図を確認できます。もちろん、地図を起動させたまま、楽曲再生の操作など、他のユーティリティを備えた別のメニューも追加されています。

Apple WatchのGoogleマップアプリが復活

また、Apple Watch用のGoogleマップアプリが復活します。Apple Watchのユーザーに、手首からナビゲーション情報への直接アクセスを提供するのです。徒歩や電車のような他の種類の交通手段を利用しているユーザーにはいいかもしれません。目的地への到着がより簡単になります。従来は「iPhoneでGoogleマップを開けばいいではないか」と考えていた人々にも、今回のアップデートでApple Watchへの興味を喚起できれば理想的でしょう。

アップデートされたアプリでは、保存された目的地、ユーザーが指定したさまざまなショートカット、到着時間の見積もり、距離を記載した案内を受けることできます。なかなか便利そうです。目的地に向かう前にやることは以下の通り。ユーザーは、iPhoneを使用して最初にナビゲーションを開始します。次にポケットにしまって手首にルートガイダンスを表示するだけ。ぜひお試しください。

コメント