アメ車の新時代 キャデラック「リリック」登場 発売は2022年

キャデラックは、GMグループ初の新開発ドライブトレインを採用したEVクロスオーバー、「リリック(Lyriq)」を正式に発表しました。現時点では「ショーカー」と表現されており、実際の市販モデルは2022年に登場する予定です。

リリックは、「アルティウム」と呼ばれる新世代バッテリーを搭載し、柔軟性の高い最新プラットフォームを使用する高級クロスオーバーです。キャデラックは当初、今年の初めにリリックを発表する予定でしたが、新型コロナウィルスの影響を受けて延期していました。

キャデラック「リリック」

キャデラックによると、後輪駆動と全輪駆動のモデルが用意され、最大150kWのDC急速充電に対応しているとのこと。レベル2の充電器でも、最大19kWの出力が得られるといいます。航続距離は480km以上を実現。

キャデラック最新のスタイリングを採用しており、フロントの「ブラッククリスタル」グリルが特徴的です。垂直に配置されたヘッドライトや、上下2分割されたスリムなテールライトにはLEDが使われています。

キャデラック「リリック」

性能については今のところ言及されていませんが、低重心化(バッテリーをキャビン下に配置)と、ほぼ50/50の前後重量バランスを実現しているとのことです。

キャデラックは「スポーティでレスポンスがよく、軽快なドライビングを可能にするクルマ」と表現していますが、それは実際に運転してみないとわからないでしょう。

キャデラック「リリック」

メインの駆動モーターは後部にあり、後輪を優先的に駆動します。そのため、EVのメリットであるトルクをより大きく、ホイールスピンを起こさずに抑えることができます。一方、AWDではフロントにもモーターを搭載し、トラクションの要求に応じて前後にパワーを配分します。

ドライバーがリリックに近づくと、シーケンシャルウィンカーが「挨拶」してくれます。さらに、シート、ミラー、エアコンの設定を、ドライバーの好みに合わせて準備してくれます。

キャデラック「リリック」

33インチのLEDディスプレイは10億色以上の発色性能を持ち、現在市場に出回っている自動車用ディスプレイの中では最高のピクセル密度を持っているとのことです。

これだけ大きなディスプレイであれば、情報を表示するためのスペースは十分に確保されています。バッテリーや航続距離のシンプルなグラフィック、エネルギー消費量の予測、充電場所の提案などさまざまな情報が表示されます。

キャデラック「リリック」

新しいデュアルプレーンARヘッドアップディスプレイは、2枚のパネルを使用しており、1枚はより近くで速度や方向などの情報を表示し、2枚目のスクリーンでは透明なナビゲーションシグナルやアラートを表示します。

キャデラックの高速道路運転支援システム「スーパークルーズ」も当然ながら搭載されています。また、リモートパーキングシステムも備わっており、ドライバーが車外にいても縦列駐車などが可能です。

走行中、ロードノイズは気にならないでしょう。マイクと加速度計を使ってノイズの正確な周波数範囲をピンポイントで検出し、それを反転させて打ち消すアクティブノイズキャンセリングシステムを備えています。

19スピーカーのAKG Studioオーディオシステムを装備し、バックライト付きのスピーカーグリルがドラマチックな雰囲気を演出してくれます。

リリックの発売は2年後の2022年。率直に言って、ずいぶん遠い未来のように思えますし、キャデラック(そしてGM全体)が主張している「EVへの移行」に緊急性が失われているように見えます。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント