9月発売と噂のiphone 12は4K撮影が強化されそう

iPhone 12(仮)の発売と噂される9月が目前に迫っている今、Appleの新しいiPhoneラインアップに関する噂は絶えません。ラインアップに何台のスマートフォンが登場するか、スペックや価格など、さまざまな情報を耳にしていますが、今日われわれは搭載されるカメラについて新しい情報を得ましたのでご紹介いたします。

120 fpsや240 fpsでの撮影が可能に

今回の情報はYouTubeチャンネルEverythingAppleProからのもので、最近のリークをまとめた新しいビデオが公開されています。EverythingAppleProはこのビデオの中で、Max Weinbach氏の話を引用しています。Weinbach氏は、情報源の1人とともにiOS 14のカメラアプリを調べ、 「iPhone 12 Pro」 と 「iPhone 12 Pro Max」 に搭載されると報じられている新しい撮影モードについて言及しました。

Weinbach氏の分解の結果、毎秒120フレームと毎秒240フレームの4K動画撮影モードが明らかになりました。これまで、iPhoneは4Kの60 fpsでの撮影に限定されていたため、これは大きな発見です。1080pの撮影モードのみが240 fpsでの撮影が可能なようです。

EverythingAppleProのリーク動画は、充電器の同梱などその他の情報も報じており、カメラだけに焦点を合わせているわけではありませんが、間違いなくこの動画で伝えられている情報のうち最大のものの一つです。AppleのiPhone 12が発表されるまでにはまだ数ヶ月あるので、今後のリーク情報がこれを裏付けているか注目していきます。お楽しみに。

コメント