Galaxy Note 20+のカメラの気になるリーク:ややダウングレードか

今年のGalaxy S20シリーズの市場パフォーマンスはやや残念な結果となりました。こういった高価なスマートフォンの売れ行きは不確実な様相を帯びており、Samsungの次のフラグシップモデルにより大きな関心が集まっています。最近のリークによるとSamsungは実際にはGalaxy S20 Ultraで見られた「過剰性」を縮小する可能性がありますが、並行して別の領域でもダウングレードされる恐れもあります。

Galaxy S20 Ultra の登場背景とそのオーバースペック

Galaxy S20 Ultraとは何だったのでしょう。ずばりCOVID-19の流行で世界経済全体が混乱に陥ったときに登場した、Samsungの最も高価な「通常の」スマートフォンです。一方で豊富な機能ゆえ価格が高すぎるといった声も確かに存在しました。サムスンは、機能の一部を落としているだろうと実しやかに語れていました。特に、大々的に宣伝され、やや過大評価されている100倍のスペースズームにおいては顕著です。Ice universeによると、Galaxy Note 20+のズームは最大50倍(おそらく「スカイズーム」)に制限される見込みです。

ポジティブ / ネガティブなニュース

もう1つ変更点はありますが、必ずしもプラスになるとは限りません。同じ情報源によると、ToFセンサーはレーザーオートフォーカスセンサーに置き換えられています。間違いなく、Samsungが苦戦しているオートフォーカスの領域では力になるでしょうが、Galaxy Note 20+がボケシミュレーション、すなわちポートレートモードでのパフォーマンスを低下させる可能性があるのです。

とはいえ良いニュースもあります。ギャラクシーノート20+には今年も登場した同じ108メガピクセルのISOCELL HM1 Samsungがあるようです。Galaxy Note 20 Ultraの最近の目撃情報もBluetooth認定ドキュメントで確認され、数か月以内に3台のスマートフォンから選択できる可能性も示唆されています。

コメント