ボーイング737 MAXの生産がゆっくりと再開

ボーイングは5月27日水曜日の簡単な声明で、ワシントンで737 MAXの生産を再開したと語りました。ボーイングが1月に生産を停止して以来、これらのジェットの生産に取り組んだのは今回が初めてです。ボーイングは、今年から737 MAXの生産を徐々に増やし、「最適な製造環境」を実現する計画を立てていると語った。

問題のあるボーイング737 MAXは、346人が死亡した2件の致命的な事故をおこしました。同社は2018年3月に飛行機の使用を禁止し、最終的に数か月前の2019年12月に生産を停止しました。このモデルにはまだ旅客サービスを再開するための権限がFAAからおりていなく、調査の一環として、過去数か月にわたって複数のソフトウェアの問題が発見されました。

同社は水曜日の声明で、ワシントン州レントンの工場で「低レート」で生産を開始するとともに、製品の品質と職場の安全性の両方を高めることを目的とした「12のイニシアチブ」の実施を開始すると発表しました。ボーイング737プログラムのVP兼ゼネラルマネージャーのWalt Odisho(ウォルト・オディショ)氏は次のように述べています。

私たちは、生産システムを進化させ、それをさらに強化するために、継続的な旅を続けてきました。これらの取り組みは、737 MAXに最適な製造環境を作成するための次のステップです。

ボーイングは、この生産停止中の数か月間で、エンジニアとメカニックが協力して「工場の各位置でのワークパッケージを調整および標準化する」と述べました。とりわけ、ボーイングは、新しいキッティングプロセスは、従業員が飛行機を生産するために必要なすべてのアイテムを持っていることを確認するために使用されます。

コメント