GoogleポッドキャストがAppleのCarPlayに対応

近年、より洗練されたものへと着実に進化してきたオーディオ番組アプリ「Google Podcasts」が、ついにAppleの車載プラットフォーム「CarPlay」に対応しました。このサポートにより、iPhoneユーザーは、車内でCarPlayを使って、Googleポッドキャストのお気に入りの番組をストリーミングできるようになりました。

成長を遂げてきたGoogleポッドキャスト

Googleポッドキャストは、その名の通り、ポッドキャストを閲覧したり再生したりするためのGoogle独自のアプリです。このアプリは昔から存在しており、ごく基本的なサービスから、ポッドキャストのファンがストリーミングプラットフォームに求める主要なサービスのほとんどをカバーするものへと徐々に成長してきました。

ユーザーは、パーソナライズされたおすすめを含む番組を検索することができます。他にも、コンテンツの購読と視聴に加えて、オーディオの無音部分の自動スキップ再生速度の変更、シームレス再生のための新しいエピソードのデータ保持、エピソードのダウンロード視聴履歴を閲覧などが行えます。

GoogleとApple、どちらのポッドキャストを使用すべきか

このアプリはGoogleアシスタントとも互換性があり、Googleのエコシステムのみを使用したいユーザーに適しています。それ以外のユーザーのためには、iOS用のGoogleポッドキャストもあり、同社のCarPlayプラットフォームで動作します。今回の新たなサポートにより、iOSのユーザーに関しても、GoogleポッドキャストとAppleポッドキャストは互角の使い勝手となったのではないでしょうか。

では、AppleポッドキャストとGoogleポッドキャストのどちらを使用すべきなのでしょうか。身も蓋もない答えですが、あなたが主に所有するデバイスによるでしょう。あなたがAppleのハードウェアに忠実であれば、おそらくApple独自のポッドキャストプラットフォームを使用するのが最善です。しかし、Google Nestスピーカーや、Windowsのラップトップ、iPhoneではなくAndroidタブレットを使っている場合は、Googleポッドキャストを使用する方が良いかもしれません。

コメント