幽霊会員ではないですか?Netflixがアカウント解約措置を発表

良心的な対応ではないでしょうか。Netflixは今週、非アクティブなアカウントのサブスクリプションを自動的にキャンセルする計画を発表しました。即時対応ではないので、あなたのアカウントについては心配する必要はなさそうです。Netflixは、この措置を講じる前にアカウント所有者に連絡を取り、アカウントをアクティブにしておきたいかを確認する機会を与えると述べています。アカウント利用がキャンセルされた場合でも、10ヶ月以内であればいつでもアカウントを再開できます。

2年以上利用がないか、加入から1年利用がないアカウントが対象

Netflixは定期のサブスクリプションであり、リンクされたアカウントにお金がある限り、購読料は課金され、アクティブなままです。これは、ユーザーが実際にアカウントを使用していない場合でも同様です。アカウントを使用しなくなる理由は、ログイン情報を忘れて、古いアカウントがまだアクティブであることに気付かずに新しいアカウントを作成したり、加入者が病気になり、アクセスできなくなるなどの可能性があります。

もちろん、プラットフォーム上の全てがユーザーの目を引かなかった可能性もありますし、ユーザーが最後にサービスを使用してからどれだけの時間が経過したかに気づかなかっただけかもしれません。そこで今回のNetflixのアカウント解約の出番です。米国時間2020年5月21日のリリースでは、Netflixは、少なくとも12ヶ月間休眠しているアカウントの解約を開始すると述べました。

幽霊会員は総加入者数の0.5%未満

Netflixは、これらのユーザーに、アプリ内通知または電子メールを使用してサービスへの加入を継続するかどうかを尋ねます。このアラートは今週、該当するユーザーに公開されます。ユーザーがアカウントを保持することを確認できない場合、Netflixは自動的にアカウントを解約します。

Netflixによると、非アクティブなアカウントはNetflixの総加入者数の0.5%未満に過ぎず、全体では数十万人程だそうです。同社はすでに、これらの解約措置を財務ガイダンスにも織り込んでいます。冒頭でも述べましたが、解約されたユーザーは、アカウントを再開することもできます。

コメント