インテルとその他の企業がAIを利用してサンゴ礁を監視

インテルは最近、アースデイ2020に向けて取り組んでいるプロジェクトについて、Accenture and the Sulubaaï Environmental Foundationとプロジェクト「Project: CORaiL」について話し合いました。このプロジェクトは、サンゴ礁の復原力を監視、特徴付け、分析するように設計された人工知能を利用したソリューションです。Project: CORaiLは2019年5月にフィリピンのパンガタラン島周辺のサンゴ礁に配備され、これまでに約4万枚の画像を収集しています。

プロジェクトによって収集された画像により、研究者はサンゴ礁の健康状態をリアルタイムで測定できます。インテルは、サンゴ礁は世界で最も多様な生態系の1つであり、世界の海洋生物の約25%に生息地と避難所を提供する800種以上のサンゴがあるため、プロジェクトにはとても意味があると述べています。サンゴ礁はまた、熱帯低気圧から海岸線を保護し、10億人に食料と収入を提供し、毎年96億ドルの観光とレクリエーションを生み出しているとのことで、人間にもとても有益なのです。

サンゴ礁は絶滅の危機に瀕しており、乱獲、底曳き、温暖化、持続不可能な沿岸開発により急速に衰退しています。 インテルによると、魚の豊富さと多様性は、全体的なサンゴ礁の健康の重要な指標として機能します。従来、サンゴ礁のモニタリングでは、人間のダイバーが水中で直接データを収集したり、後で分析するサンゴ礁のビデオ映像や写真を手動でキャプチャしたりします。これらのプロセスの不利な点には、ダイバーが野生生物の行動を妨げ、意図せずに調査結果に影響を与える可能性があることが含まれます。そしてダイバーが水中に留まることのできる時間は、約30分に制限されています。

参加企業のエンジニアがProject:CORaiLの専門知識を組み合わせて、フィリピンの既存の劣化したサンゴ礁を研究者が復元および補足できるように支援しました。プロジェクトの最初のステップは、サンゴ礁の不安定な部分に強力なサポートを提供するコンクリート水中プラットフォームである、Sulu-Reefの補綴(ほてつ)物を構築することでした。その補綴物には、成長し拡大する生きたサンゴの断片が組み込まれており、海洋生物にハイブリッド生息地を提供しています。

このプロジェクトでは、魚の通過を検出して写真を撮ることができるAccenture Applied Intelligenceビデオ分析サービスプラットフォームを備えたインテリジェントな水中ビデオカメラを計画的に配置しています。その後、データはサーフェスダッシュボードに送信され、そこでリアルタイムで分析と傾向が研究者に提供されます。現在、エンジニアは次世代のプロジェクトであるCORaiLに取り組んでいます。これには、バックアップ電源、システム最適化、赤外線カメラが含まれます。

コメント