パデュー大学の研究者が金属表面の抗菌処理を開発

パデュー大学の研究者は、表面に異なるテクスチャーを与えることにより、金属表面を迅速なバクテリアキラーに変える可能性を秘めた新しいレーザー処理法を開発しました。研究者らは最近の研究で、この技術により銅の表面がMRSAなどの薬剤耐性菌を即座に殺すことができることを示しました。科学者たちは、銅は何世紀にもわたってバクテリアを殺すために使用されてきたと言いますが、通常バクテリアを殺すのに何時間もかかります。

研究者らが開発したワンステップレーザーテクスチャリングテクニックは、銅の表面の殺菌効果を高めます。チームは、この方法は細菌よりもはるかに小さいため、コロナウイルスなどのウイルスを殺すためにまだ調整されていないことを指摘しています。チームはまた、同じプロセスを使用して、他の金属やポリマーの表面など、細菌を殺すのに適した他の表面を作ることを始めました。

医療用インプラントに抗菌性の表面を与えると、抗生物質がインプラントの表面から細菌を殺す必要がないため、感染の拡大と抗生物質耐性を防ぐことができます。この技術は、抗菌特性を持つ金属合金にも適用できます。開発された技術チームは、レーザーを使用して金属の表面にナノスケールのパターンを作成します。パターンは、バクテリアが表面に付き分裂する機会を増やす表面積を増加させる頑丈なテクスチャーを生成します。

これまで、ナノ材料コーティングは金属表面の抗菌特性を向上させてきました。ただし、今までのコーティングは、はがれやすく、環境に対して有毒である可能性がありました。チームが使用するレーザーテクスチャリングには、2つの異なる機能があります。この技術は直接接触を改善し、表面をより親水性にします。

整形外科のインプラントでは、これにより骨細胞をより強く付着させることができ、インプラントが骨をいかにうまく結合するかを改善します。チームはプロセスがシンプルでスケーラブルであると言います。彼らはそれを既存の医療機器製造プロセスに簡単に切り替える事ができると信じています。

コメント