NASAは今週、宇宙で小惑星サンプルをつかむ練習予定

来週、NASAは巨大な小惑星から物理的なサンプルをつかむ最初の練習のリハーサルを行うと言います。テストの実践には、この夏予定のタッチダウンイベントを見越して小惑星Bennuを周回しているその機関のOSIRIS-RExという宇宙船が参加します。テスト中、Bennuの表面からいくつかの物質が収集されます。テストが成功し、すべてが計画どおりに進めば、サンプルは地球に戻されます。

NASAによると、テストは4月14日に行われ、OSIRIS-RExチームは「チェックポイント」のリハーサルを行い、宇宙船をBennuの岩だらけの表面に非常に近づけます。これにより、ミッションを管理するチームは、今度の8月に予定されている実際のサンプリングイベントにつながるステップを実行できます。

実際のタッチダウンイベントには、軌道の離脱、チェックポイント操作、そしてタッチダウンにつながるマッチポイント操作の3つのステップが含まれます。 NASAによると、今後のチェックポイントリハーサルには、これら3つのマニューバのうち最初の2つが含まれ、チームに宇宙船の自然特徴追跡(Natural Feature Tracking-NFT)システムが適切に機能し、他のシステムが予想どおりに機能することを確認する機会が与えられます。

リハーサルは4時間程の予定で、宇宙船がロボットのサンプリングアームを伸ばし、サンプリングイベントに必要な位置まで回転します。 OSIRIS-RExの太陽電池アレイはYウィング構成になり、宇宙船は高度125メートルまで下がります。

計画されたリハーサル全体が完了すると、宇宙船は小惑星Bennuの周りの元の軌道位置に戻ります。 NASAによると、リハーサルが行われるロッキードマーティン宇宙施設には、新型コロナウイルス 隔離のためにチームの残りのメンバーが遠隔で作業するため、限られた数の人しか出席しません。

コメント