ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡の完全なミラー展開に成功

NASAは最近、ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡のミラーアレイをテストしました。宇宙空間にいるときにメインミラーを完全に展開する事ができるかどうかのテストです。現在、望遠鏡は2021年に打ち上げる予定をしています。技術者とエンジニアは、宇宙望遠鏡が打ち上げられる前に、最終テストの長いリストを完了させるために熱心に取り組んでいます。

NASAは3月初旬にミラーの完全展開テストを実施しました。テストでは、宇宙船の内部システムに21フィートの4インチ(約6,5メートル)の巨大なメインミラーを完全に伸ばしてラッチするようにしました。これにより、ミラーは軌道に投入された後のように見えます。 NASAによると、ミラーテストはカリフォルニア州レドンドビーチのノースロップグラマンスペースシステムで行われたとのことです。

NASAは、宇宙望遠鏡が完全に組み立てられて以来、ウェッブ宇宙望遠鏡のテストの困難さと複雑さを増しています。 NASAは、望遠鏡のミラーに取り付けられた特殊な重力オフセット装置を使用して、無重力環境で軌道にあるときにそのメカニズムが動作させるシミュレートをしました。大規模なミラーアレイテストは、宇宙望遠鏡が発射場に届けられる直前にもう一度実行されます。

望遠鏡が見ることのできる細部は、観察する物体からの光を集める鏡のサイズに直接関係しています。ミラーが大きければ大きいほど、より多くの光が集まり、望遠鏡がよりよく見えます。ジェームズウェッブの鏡は、NASAがこれまで構築した中で最大のものです。ミラーアレイを折りたたむ理由は、それが非常に大きいため、折りたたまれないとどのロケットにも収まりません。

ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡は折りたたむと、16フィート(約4,9メートル)のペイロードフェアリングの内側にかろうじて収まります。 NASAはまた、カリフォルニアの宇宙望遠鏡に取り組んでいるチームは現在、コロナウイルスのために人員とシフトを減らして活動していると述べました。

コメント