NASAの火星ヘリコプター、打ち上げ前の重要なテストが完了

先週、フロリダ州のケネディ宇宙センターで、NASAは、来年、パーセベランス火星探査車とともに出荷される小型ヘリコプターに関する「重要なテスト」をしたと述べた内容をまとめました。これは、NASAが地球以外の惑星で飛行する最初の航空機で、ローバーが火星表面に到達するまでローターブレードが最後に操作される機能のテストです。

NASAは火星に複数のローバーを配置してあり、一部はまだ運用可能ですが、まだ航空機を火星に配置されていません。この夏に打ち上げ、2021年2月18日に火星に到着する予定です。このミッションの目的は、火星での過去の生命の証拠、とりわけ微生物の多様性を見つけることです。

NASAは、火星ヘリコプターを2019年8月下旬にパーセベランスローバーに最初に取り付けました。航空機はローバーのお腹部分に取り付けられています。ツインローターと電力用ソーラーパネルを備えています。ヘリコプターに関する最初の発表で、NASAは航空機を「ハイリスクで高報酬のテクノロジー」と説明し、ヘリコプターが期待どおりに機能しなくても、ミッションの科学的取り組みには影響を与えないと説明しました。

ヘリコプターは、シールドカバーを使用してローバーの腹部で保護されています。火星上で適した場所が見つかると、配置されます。 NASAは、火星のジェゼロクレーターでテスト飛行を行う予定で、この場所に、パーセベランスローバーは最終的に配置されます。

先週後半に、Payload Hazardous Servicing施設内のスピンテーブルで行われました。 NASAの火星ヘリコプターでも成功したテストが行​​われました。エアロックのスタンドで機能テスト(50 RPMスピン)を実行しました。このミッションは、クルーズステージの車両の質量特性を測定するものでした。

コメント