古代魚の化石から人間の手の進化についてが明らかに

オーストラリアのフリンダーズ大学の科学者がカナダの大学と協力し、彼らが言う、魚から四肢動物への進化移行における欠落した進化的リンクと呼ぶものにフォーカスを当てた最初の魚の標本を発見しました。カナダのミグアシャで発見された「エルピストステゲ」と呼ばれる魚です。魚のヒレから人間の手がどのように進化したかについての洞察が得られるとチームは言います。

魚は、数百万年前のデボン紀後期に最初に陸へ上がり始めました。完全な魚の化石の長さは1.57メートルで、この魚種で初めて完全な胸びれの骨格を示しています。チームは高エネルギーCTスキャンを使用して、胸びれの骨格を詳しく調べました。

スキンは、ユーモラスで前腕の骨、尺骨の存在を明らかにしました。チームはまた、手根骨(手首)と指骨(指)の列をスキャンより見つけました。科学者たちは、これまで知られている魚の中で指のようなヒレのような明確な発見があったのはこれが初めてだと言います。

チームは、ヒレの関節の数は、ほとんどの動物の手にある指の骨のようなものだと言います。この発見は、脊椎動物の指の元を魚のレベルに押し上げ、魚が水を離れる前に脊椎動物の手のパターンが最初に開発されたことを示しています。

過去の同様の研究は、不完全な骨格標本に基づいていました。完全な標本は、魚種にはるかに光を当てました。科学者たちは、エルピストステゲが最も近く、魚と四肢動物の間の中間体の真の「遷移化石」に到達できると述べています。

コメント