スタンフォードが従来のロボットとソフトロボットを組み合わせた新しいロボットを作成

ロボット研究者にとっての大きなフォーカスの1つが、人間と直接作業するのにより適したソフトロボットです。スタンフォード大学の研究者は、ソフトロボットで一般的に見られる移動と形状の変化の能力を維持しながら、従来のロボット工学の機能を取り入れた新しい種類のソフトロボットを開発しました。チームは、ほとんどのソフトロボットの重大な制限は、エアコンプレッサーへのアタッチメントが必要であるか、そして壁に接続して動かないようにする必要があるかと述べています。

スタンフォードのチームは、ソフトロボットに常に同じ量の空気を入れておくとどうなるのだろうかと考えていたと述べました。その質問から始めて、研究者は形状を変更できる人間スケールのソフトロボットを開発しました。これにより、オブジェクトをつかんで操作したり、制御可能な方向に回転したりできます。彼らが開発したロボットは、ベイマックスとトランスフォーマーを組み合わせたものと説明されています。

ロボットは、さまざまな形に膨らんだチューブを使用して、3つの小さなマシンを通過させ、三角形に成形します。マシンの1つはチューブの2つの端を一緒に持ち、もう1つはチューブに沿って駆動し、ロボットの角を動かす全体的な形状を変化させます。ロボットの設計の1つの鍵は、その形状は劇的に変化しますが、エッジの全長と内部の空気は一定のままであることです。

ロボットのより複雑なバージョンを作成するには、いくつかの三角形を連結する必要があります。チームは、さまざまなモーターの動きを調整して、ロボットにさまざまな動作を実行させることができました。ボットは、3つの側面を巻き込むか、ロボットを回転させてボールを拾うことができます。

チームは現在、ソフトロボットのさまざまな形状の実験を行っており、水中に置いてロボットが泳ぐことができるかどうかを検討しています。このチームは、新しい機能と利点を備えた他のタイプのソフトロボットも検討しています。

コメント