研究で海に捨てられたレゴは最長1300年間も海中に残ると

新たに発表された研究では、通常のプラスチック製のレゴブロックは海洋で最大1300年間持続することがわかっており、プラスチック廃棄物を慎重に廃棄する必要性が強調されています。この調査には、イギリス南西部の海岸線で洗い流されたレゴブロックが含まれていて、数千個がビーチクリーンアップ活動中に収集されました。

海岸に打ち上げられた収集されたレゴブロックのうち、プリマス大学の研究者は50個を選択して分析しました。ブロックをきれいにした後、重量を量り、その上のスタッドを測定しました。 XRF分光計を使用して、各部品が使用されている材料に基づき、どのくらい古いかを把握しました。

研究者は、これらの収穫されたブロックを、まだ良好な状態であった1970年代および1980年代のレゴと比較しました。この分析に基づいて、チームは、レゴは様々な条件に応じて、100年から1300年の間、海で生き残ることができることを発見しました。

研究者たちは、海岸線にあったブロックは一部が破損していたり、破片になっていたことに注目しました。つまり、これらの小さなプラスチック製ブロックは最終的にマイクロプラスチックに分解する可能性があります。これらの小さなプラスチック繊維は、多くの過去の研究の対象であり、飲料水や魚などの他の海洋生物に影響することがわかっています。

研究主任アンドリュー・ターナー博士は説明(英文)しました:

レゴは歴史上最も人気のある子供向けおもちゃの1つであり、その魅力の一部は常にその耐久性でした。特別に設計されて遊ぶように設計されているので、何十年も海に潜んでいる可能性がありますが、それほど摩耗しないことは特に驚くことではありません。しかし、その耐久性の高さは私たちにとっても驚きでした…環境に潜在的な問題を引き起こさないことを保証するために、使用済みアイテムを適切に廃棄する重要性を再び強調します。

コメント