JAXAがMMXの開発移行を発表

日本の宇宙航空研究開発機構JAXAは、MMX(Martian Moons eXploration)を承認し、開発移行したことを発表しました。これは火星の衛星を探査するミッションで、成功すれば人類の宇宙探査の新たなマイルストーンを達成することでしょう。

2024年に火星の衛星の探査(MMX)ミッションを開始しする予定です。火星には地球で言うところの月(衛星)が2つあり、フォボスとダイモスと呼ばれています。2029年にはその衛星のフォボスの塵の小さなサンプルを運んで地球に戻ります。

JAXAは、コアリングデバイスを使用して少なくとも10グラムの表面材料を取得するために、宇宙船が数時間フォボスに着陸すると説明します。2つの衛星の観測と採取を終えた探査機は、サンプルを携えて地球に帰還する予定です。このミッションが成功すれば初めて火星システムからのサンプル採取になります。

MMXミッションには、NASAが資金提供するツールであるMEGANEを含む11の機器が含まれます。これらは各衛星の組成を測定するために設計された機器です。そして小さなローバーがフォボスに置かれ、移動しながらデータを取得します。このデータが2つの奇妙な形の小さな衛星の起源のみならず太陽系の惑星がどのようにできたのかを明らかにするかもしれません。 JAXAは、「MMXの主な目標は、遠隔調査と衛星の組成分析のためのサンプルの採取によって衛星の起源を解読することです」と説明しています。

コメント