カロリー消費に大切なのは『朝ごはん』

新しい研究によると、朝食を抜くことはダイエットの試みに悪影響を与える可能性があると出ました。この研究は、朝の食事が肥満やその他の代謝の利点を低下させるという過去の研究に加わり、夕食を沢山食べるよりも朝に大きな食事をすると、より多くのカロリーを消費すること、そして血糖とインスリンにあまり影響を与えないことを発見しました。

食事誘発性熱発生-diet-induced thermogenesis(DIT)と呼ばれるプロセスが鍵です。これは、食物を消化し、栄養素を移動するときに体が使用するエネルギー(カロリー)の量を指します。 DITの測定値はすべての食事で安定しているわけではありません。Journalof Clinical Endocrinology&Metabolismで公開された新しい研究では、夕食に比べて朝食を食べるとカロリー燃焼が著しく高くなることがわかりました。

研究の対応著者であるジュリアン・リヒター医学博士。

私たちの研究結果は、含まれるカロリーの量に関係なく、朝食で食べられる食事は、夕食で消費される同じ食事の2倍高い食事誘発性熱発生を引き起こすことを示しています。この発見は、朝食で十分に食べることの価値を強調するため、すべての人々にとってとても重要だと考えます。

この研究では、16人の男性に被験者となってもらい、最初のラウンドで低カロリーの朝食と高カロリーの夕食を食べてもらい、第2ラウンドではこれを切り替え、高カロリーの朝食と低カロリーの夕食を食べてもらいました。研究を通じて同量のカロリーを摂取したのにもかかわらず、朝に高カロリーの食事を食べるとDIT測定が2.5倍高くなることを発見しました。

大きな朝食と小さな夕食を食べると、1日を通して食欲が減ることもわかりました。小さな朝食を食べると、特に甘いものの食欲を刺激することがわかりました。同様に、参加者のインスリンと血糖値は、夕食と比較して朝食後の方が低いことがわかりました。

この研究結果は、一日中高い食欲と甘いものを欲している肥満に苦しむ人々にとって特に良いニュースです。リヒター医学博士は、「体重を減らし、代謝性疾患を防ぐために、肥満の患者はもちろんの事、健康な人にも、大きな夕食ではなく、大きな朝食を食べることをお勧めします。」

昔から日本で言われている『朝食が一番大事な食事』をますます裏付ける結果となりました。

コメント