ガラパゴス諸島のダーウィンズ・アーチが自然の侵食によって崩壊

ガラパゴス諸島の近くの太平洋上にある象徴的な岩石層である「ダーウィンズ・アーチ」が崩壊しました。ダーウィンズ・アーチは、四角く突き出た柱と、丸みを帯びたトンネル状の形が特徴的で、写真撮影や観光客に人気のスポットとなっていました。自然の侵食によって崩壊したと考えられています。

進化論に影響を与えた自然豊かな島々

ダーウィンズ・アーチは、エクアドルの海岸から数百マイル離れた海の中に自然に形成されたアーチです。このアーチが、太い2本の柱の間で海に崩れ落ちたことが同国の関係者によって2021年5月17日に確認されました。

アーチはダーウィン島の1マイル以内に位置しており、ダーウィン島と岩層は有名な科学者チャールズ・ダーウィンにちなんで名付けられました。ガラパゴス諸島は、ダーウィンの科学的研究に大きな役割を果たし、彼の最終的な進化論に影響を与えました。

観光客だけでなく気候変動によるダメージも懸念される

自然に形成された岩のアーチは、自然の侵食によっていずれは崩壊するものですが、島への観光客の増加により、人里離れた場所やそこに生息する様々な生物へのダメージが懸念されています。

しかし、ガラパゴス諸島が危機にさらされているのは、観光客の増加だけではありません。科学者たちは、この辺境の地は気候変動に対しても非常に脆弱であり、特にエルニーニョ現象が頻繁に発生するようになれば、その影響は甚大であると警告しています降雨量や海水温などの変化は、ガラパゴス諸島の多様な生態系に大きな影響を与え、崩壊の危機に陥る可能性があります。

Image via Wikipedia

コメント