ESOの超大型望遠鏡は、新しく生まれそうな惑星の兆候を観察

天文学者は、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡(VLT)を使用して、新しく誕生しそうだと思われる惑星を観測しています。惑星形成の兆候は、周りにほこりとガスの密な円盤があるAB Aurigaeと呼ばれる若い星の周りで観察されました。その円盤の中で、天文学者たちは、惑星が形成される可能性のある場所を示すひねりを加えた突出した螺旋構造を発見しました。

これが天文学者にとって、とてもエキサイティングな理由は、何千もの太陽系外惑星が発見されたが、それらがどのように形成されるかについてほとんど知られていないためです。この観測は、惑星が誕生する最初の直接的な証拠になる可能性があります。チームは、惑星が形成される瞬間をとらえるには非常に若いシステムを観察する必要があると言います。

しかし、これまでのところ、天文学者は、ディスクを表示し、赤ちゃん惑星が形成している可能性がある「ねじれ」を見つけるのに十分なほどシャープで深い画像を撮ることができませんでした。 AB Aurigaeは、地球から520光年離れたAurigaeの星座にある星です。

科学者達は、このタイプの渦巻きは、ガスを蹴る赤ちゃんの惑星の存在を合図して、波の形でディスクに乱れを作り出すと言います。中央付近の非常に明るい黄色のねじれは、惑星形成の兆候を示しています。形成は、太陽から海王星とほぼ同じ距離にあります。

システムでの惑星形成に関する最初のヒントは、数年前にALMA装置を使用して作成されました。チリのESO VLTでSPHERE装置を使用して、より鮮明な画像が数年遅れて作成されました。これらのSPHERE画像は、これまでに取得されたAB Aurigaeシステムの中で最も深いものです。

コメント