研究者は銀河中心に向かって珍しいスーパーアースを発見

ニュージーランドのカンタベリー大学の天文学者たちは、銀河の中心に向かっている非常に珍しい惑星を発見しました。科学者たちは、惑星は地球に匹敵するサイズと軌道であると言います。 カンタベリー大学の研究者であるAntonio Herrera Martin博士とMichael Albrow准教授は、この惑星を発見するために協力した国際チームの一員です。

マーティン博士は発見を説明する論文の筆頭著者でした。恒星が原因で倍率を調整、観察するのに約5日かかったそうです。この惑星は、わずか5時間の歪みの間にのみ発見されました。スーパーアースの主星は、太陽の質量の約10%とかなり小さめです。

科学者たちは、惑星は地球と海王星の間くらいの質量があると推定しています。そして、その惑星と主星の距離は金星と地球の間ほどあります。主星が小さいので公転が非常にゆっくりで、惑星の1年は約617日になります。この新しい惑星は注目に値します。これは、地球に近いサイズと軌道で発見された数少ない太陽系外惑星の1つだからです。

天文学者たちは、重力マイクロレンズと呼ばれる技術を使用して惑星を発見しました。マイクロレンズ効果はまれであり、銀河系の恒星の100万個に1個しか影響を受けていません。マーティン博士は、このタイプの観測は繰り返されないため、同時に惑星を見つける可能性は非常に低いと指摘しました。

この惑星の発見を可能にした重力マイクロレンズ法は2018年に発生しました。チリにある望遠鏡と韓国のマイクロレンズ望遠鏡ネットワークを使用した光学重力レンズ実験によって独立して検出されました。これらの実験では、毎年約3000のマイクロレンズ法を検出できます。

コメント