食物繊維の多い食事は乳がんリスクを下げる可能性あり

長年にわたる多くの研究により、食物繊維を多く摂取すると特定の疾患や癌を発症するリスクを低下させると関連付けられてきました。その理由には、健康な微生物叢のサポートが含まれます。より多くの食物繊維を食べることが乳がんリスク低下に有益な影響を与える可能性があるかどうかは依然として争われていますが、既存の研究を新たに分析すると、この2つの間に肯定的なつながりがあることがわかりました。

過去の研究では、繊維質の多い食品を食べることは、心血管疾患、結腸癌、肥満のリスクの低下などと関連付けられてきました。その理由は、健康な腸内細菌を維持するのに繊維が果たす役割であると考えられています。これは、身体的および精神的健康の両方で主要な役割を果たす可能性があります。繊維は、全粒小麦やトウモロコシ、バナナ、ニンジン、サツマイモなどの多くの植物製品に含まれています。

ハーバード大学公衆衛生学部の研究者は最近、20件の異なる観察研究のデータを比べ、新しい分析を発表しました。データに基づいて、分析では、繊維を最も多く摂取した人が乳がんリスクをかなり大幅に減少させ、最大で8%減少したことがわかりました。

この研究は、既存のデータに基づいて、水溶性繊維と不溶性繊維の両方を含む総繊維摂取量が閉経前と閉経後の両方の女性のリスク低下に関連していることを発見しました。同様に、特に水溶性繊維は乳がんリスクの低下に関連していました。

水溶性繊維とは、大麦、エンドウ豆、レンズなど種子や特定の野菜、果物、えん麦ふすまなどに見られる繊維の種類を指します。不溶性繊維には、特定の果物や種子の皮、玄米、全粒小麦が含まれます。今回のこの調査結果は、食物繊維自体が乳がんリスクの低下の直接的な原因であるであることを意味するのではなく、健康的な食事をするなどの特定のライフスタイルの要因が乳がんを発症する確率に影響を与える可能性があることを示していると研究者は述べています。

コメント