1日1個のアボカドが認知症予防に有効か

アボカドを1日1個摂取することで少なくとも肥満体の成人の認知症を防ぐことができるというのです。この調査結果は、肥満成人の認知機能に対するアボカドの効果を調べたイリノイ大学からのものです。この研究では、参加者に12週間毎日1つのアボカドを食べてもらいました。

ミレニアル世代(1980年代から2000年代前半に生まれた世代)にとても人気でやや高価なものですが、高脂肪なのでバターの代替品とされたり、色々なレシピに使われたりと人気があります。アボカド主には緑色で、外皮はきめが細かく、果実は簡単に潰す事ができ、中央には大きな種があります。アボカドには、ニンジンやホウレンソウなどのさまざまな植物に含まれるカロテノイドであるルテインも多く含まれています。

アボカドには特に高いレベルのルテインが含まれており、これが認知に対する潜在的な影響に関する多くの研究を促進しています。イリノイ州の新しい研究では、肥満である成人の影響、具体的には、年齢が上がるにつれて認知機能低下のリスクが高くなる健康状態に注目しています。

研究の一環として、合計84人の肥満または太りすぎの成人に毎日同じ食事を食べてもらいましたが、唯一の例外はアボカドでした。アボカドに認知的影響があるかどうかを判断するために、研究の最初と最後に認知テストが使用されました。

結果は良好でした。研究者は、アボカドを1日に1個食べた参加者が、タスクに集中する能力を調べるフランカーテストの改善を経験したことを発見しました。研究者は、これらの参加者はより高いルテインレベルを有していたが、彼らは認知変化と関連はしていなかったと言います。

有益な効果の原因を特定するには追加の研究が必要ですが、研究者は、単飽和脂肪、大量の繊維、または参加者の腸内細菌の有益な変化が原因である可能性があるのではないかと述べました。

コメント