食生活と不安障害には関係性があるという研究が発表

カナダの新しい研究で、貧しい食生活と憂慮は高い確率でリンクをしている事がわかりました。カナダの老化に関する縦断的研究によると果物や野菜を毎日3種類以下しか摂取しない人は不安障害を発症する可能性がはるかに高いことが明らかになりました。

この研究はトロント大学でされ、毎日3種類以下しか果物や野菜を食べない人は不安障害を発症する可能性が24%高いことを発見しました。研究者によると、その数値は総体脂肪レベルが36%を超える人々には70%にまで増加すると述べています。

新しい研究によると、果物と野菜の摂取種類数と体重はリンクしている可能性があるといっています。肥満体型の方々は特にその傾向があるようです。果物や野菜のより高い消費はより低いレベルになるようです。ただし、不安障害を発症する可能性を高める要因はこれらだけではありません。

そして、この研究では、独身であることは、パートナーがいる人に比べて不安レベルを高める可能性があり、貧困に住んでいる人々もその状態を経験する可能性が高いことがわかりました。また、少なくとも3つの異なる健康状態に苦しんでいる人は、健康に問題がない人と比較して、不安障害の確率がかなり高いことがわかりました。

驚くべきことに、この研究では、カナダに移住した人は元々カナダに住んでいる他のカナダ人よりも不安が少ないことがわかりました。これはおそらく移民達は自分たちで選んだ道だからでしょう。この研究には、27,000人近くの男女が対象とされました。研究者によると、最近、研究がInternational Journal of Environmental Research and Public Healthに発表されました。

コメント