WHOは「新型コロナは、今はまだパンデミックではない」と発表

中国-武漢から始まった新型コロナウイルスの大流行に関する最新のブリーフィングで、世界保健機関(WHO)は、現時点ではCOVID-19症例はウイルスがパンデミック状態に達したことを示していないと報告しました。しかし、WHOは、新型コロナがパンデミックになる可能性があることを認識しています。パンデミックは、重症度や全体的な社会的影響など、さまざまな基準に基づくものです。

ブリーフィングでは、WHOのテドロス・アダノム局長が、新規コロナウイルスがパンデミックレベルに達しているかどうかのトピックを取り上げ、この発生を説明するために「パンデミック」という用語を使用すべきかどうかを決定するためにWHOが使用する基準を説明しました。

現時点では、アダノム局長によると、WHOは「このウイルスの世界的な広がりが見られない」ことも、「パンデミック」という用語の使用を保証する「大規模な重症例または死亡」も見ていません。ただ、このウイルスがパンデミックステータスに達する可能性はあります。

…流行を表すためにパンデミックという言葉を使用するかどうかについての私たちの決定は、ウイルスの地理的広がり、それが引き起こす疾患の重症度、および社会全体に与える影響の継続的な評価に基づいています。パンデミックの可能性?あるとおもいますが、いまではありません。

この時点で、アダノム局長は、アウトブレイクはさまざまな方法でさまざまな国を襲っている「流行病」として最もよく説明され、これらの地域のニーズはさまざまであると述べました。彼は「確かに懸念している」と思われる新しい事例を呼びましたが、人々は「恐れではなく真実」を見極める必要があると警告しました。

アダノム局長は次のように述べました。

現在、パンデミックという言葉を使用する時ではないが、確かに恐怖を引き起こす可能性があります。今は、私たちが使用する言葉に焦点を当てる時でもありません。すべての国、コミュニティ、家族、および個人が準備に集中するときです。私たちは、二者択一の白黒の世界に住んでいるわけではなく、「どちらかまたは両方」でもありません。パンデミックの可能性に備えるためにできる限りのことをしながら、封じ込めに集中する必要があります。

コメント