お酒が脳に良い研究結果があるってホント?

アルコールの潜在的なリスクと飲酒のメリットに関する研究はいたるところにあり軽い飲酒は比較的健康に影響しないとする報告もあれば、少量でも有害であるとする報告もあり、もちろんアルコールと予防効果を結びつける研究もあります。最近の研究では、飲酒は年齢を重ねるにつれて脳機能の保護に役立つ可能性があると報告しています

最近行われたジョージア大学の研究では、専門家が高齢者の認知能力と脳全体の機能に及ぼす軽度から中等度の飲酒の影響を評価しました。Health and Retirement Study参加者データを利用したこの研究によると、参加者の大半は中高年との事です。

この研究では約20,000 人の参加者がこの研究に参加しました。研究者は、女性は週 8 杯以上、男性は 15 杯以上の飲酒を「軽度から中等度の」飲酒と考えており、様々なテストを使用して、参加者は、語彙やその他を含む様々な事柄について認知機能を評価しました。

結果は驚くべきもので、脳の健康に影響を与える他の要因を考慮しても、研究者らは、軽度から中等度の飲酒を報告した参加者は、非飲酒者に比べて認知能力が高いとの結論を最終的に発表しました。このケースでは、週10から14杯が 「最適」 な範囲だったと報告していますが、研究者らは飲酒量の少ない人たちに飲酒の機会を増やすよう奨励しているわけではありません

人種を考慮するとこの結果には顕著な差があり、この研究では、白人の参加者は黒人の参加者と比較して飲酒に関連する保護効果が大きいことが明らかになっています。しかし、その理由を明らかにするためにはさらなる研究が必要であると言う事です。

コメント